東京都電子調達システムの検索結果で警告文。アクセスしても大丈夫?URL変更にご注意。

実務知識

東京都電子調達システムのURL変更

東京都庁及びその関連機関から発注される公共案件への入札(又は入札参加資格申請)をする際に利用するのが「東京都電子調達システム」のウェブサイトです。

しかし、ウェブブラウザ「Google Chrome」や「Internet Explorer」から任意の検索エンジンで「東京都電子調達システム」と検索 し、その検索結果をクリックすると警告文が表示されてしまて困ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当記事で取り上げた現象は、
令和4年4月1日現在で解消されていることを確認しました。
以下の内容は、最新ではありませんのでご注意下さい。

この原因は、令和3年3月28日に東京都電子調達システムのURLが以下のように変更されたからです。

東京都財務局

ついては、以下のリンクからアクセスして頂ければ、問題なく東京都電子調達システムのウェブサイトを閲覧することができます。

東京都電子調達システム(新URL) 
https://www.e-procurement.metro.tokyo.lg.jp/

警告文

令和4年3月1日現在、Googleの検索エンジンによって上位掲載される検索結果の「東京都電子調達システム」をクリックすると以下のような警告文が表示されます。

この接続ではプライバシーが保護されません

「Google Chrome」の例:この接続ではプライバシーが保護されません

このサイトは安全ではありません

「Internet Explorer」の例:このサイトは安全ではありません

これは、旧URLにアクセスしてしまうからです。

ついては、直接に(新URL)東京都電子調達システムにアクセスして頂き、ブックマークやお気に入り登録しておくことをお勧めします。

環境設定の変更が必要

東京都電子調達システムにおいては、基本的にはウェブブラウザ「Internet Explorer」を使用します。
単にマニュアルを読むなどの場合は、「Google Chrome」でも可能です。

令和3年3月28日のURL変更に伴い、ウェブブラウザ「Internet Explorer」のインターネットオプションの設定変更が必要になっています。

当該変更日以前に変更をおこなったブラウザについては、再度設定が必要になりますのでご注意下さい。

パソコンの設定(事業者)

まとめ

頻繁な仕様変更にご用心

東京都電子調達システムにおいても、脱JAVA環境への移行、当該URLの変更等、利便のよいものに移行しているものの、その仕様の変更が頻繁におこなわれております。

電子入札のご担当者様におかれましては、都度のご対応、大変かと思われますが、ご注意下さい。

関連記事

建設業許可の専門家
リンクス行政書士事務所

牧野高志

牧野高志

建設業許可を専門とする行政書士。15年以上の実務で得た建設業に関する知識、経験を武器に、難解な問題の対処にあたる。業務においては、何よりお客様の話を聞くことを重視し、最善の対応を常に心がけている。二児の父

関連記事

特集記事

広告

牧野高志

牧野高志

建設業許可を専門とする行政書士。15年以上の実務で得た建設業に関する知識、経験を武器に、難解な問題の対処にあたる。業務においてはヒアリングを重視する。二児の父

最近の記事

  1. 監査役は、経営経験も積めないし、専任技術者にもなれません。建設業許可と監査役の関係。

  2. 税金滞納。社会保険料未納。雇用保険料未納。建設業許可の更新はできるの?

  3. 資格は無いけど、早く独立して建設業許可を取りたい。10年間のモデルケースを検討。

  4. 附帯工事の自社施工は要注意!専門技術者の配置義務とは。

  5. 前勤務先が手続きしてないので、建設業許可申請が受付けられません。の場合の対応。

  6. 少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

  7. 建設業法における解体工事の分類の仕方。必要な許可業種は?

  8. 建設業許可の実務経験は、印鑑だけじゃない。証明すべき3つの要素と裏付け資料。

  9. 建設会社の定款。許認可にかかる目的事例を紹介。【会社を設立する方必見】

  10. 自分で建設業許可申請をする際に、役立つ実用書はどれなのか。実際に読んでみた書籍を紹介。

ランキング

  1. 1

    【建設業許可】建築一式は1500万円まで?リフォーム工事は大丈夫なのか。

  2. 2

    【建設業許可】請負金額500万円の基準は消費税込?税抜?根拠解説

  3. 3

    「身分証明書」を郵送で取る方法。忙しい人のための7ステップ

  4. 4

    ユニットバスの設置は管工事じゃない!?建設業許可の業種判断。

  5. 5

    500万円未満でも建設業法違反!?無許可業者が注意する4つのこと

  6. 6

    建設業許可の無い営業所では、500万円未満でも契約はNG!?

  7. 7

    少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

  8. 8

    注文者って誰?元請・下請の違いは?工事経歴書の疑問をピンポイント解説。

  9. 9

    1つの工事に複数の工事種類が含まれる場合の工事経歴書の記載ポイント

  10. 10

    東京都内の公共入札に参加したい。はじめての入札参加資格取得に必読。

広告

TOP