特集記事

広告

牧野高志

牧野高志

建設業許可を専門とする行政書士。15年以上の実務で得た建設業に関する知識、経験を武器に、難解な問題の対処にあたる。業務においてはヒアリングを重視する。二児の父

最近の記事

  1. 建設業許可における公共工事とは。建設業法で定める発注者の定義を知ろう。

  2. 令和5年1月1日の建設業法施行令改正施行。ポイントは、特定建設業許可の範囲変更と配置技術者の専任配置基準の変更。

  3. 解体工事の実務経験には、解体登録が必要。注意が必要な「電気工事」「消防施設工事」「解体工事」

  4. わかりやすい図解。特定建設業許可が必要な工事とは?

  5. 監査役は、経営経験も積めないし、専任技術者にもなれません。建設業許可と監査役の関係。

  6. 税金滞納。社会保険料未納。雇用保険料未納。建設業許可の更新はできるの?

  7. 資格は無いけど、早く独立して建設業許可を取りたい。10年間のモデルケースを検討。

  8. 附帯工事の自社施工は要注意!専門技術者の配置義務とは。

  9. 前勤務先が手続きしてないので、建設業許可申請が受付けられません。の場合の対応。

  10. 少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

ランキング

  1. 1

    【建設業許可】請負金額500万円の基準は消費税込?税抜?根拠解説

  2. 2

    【建設業許可】建築一式は1500万円まで?リフォーム工事は大丈夫なのか。

  3. 3

    少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

  4. 4

    「身分証明書」を郵送で取る方法。忙しい人のための7ステップ

  5. 5

    建設業許可の無い営業所では、500万円未満でも契約はNG!?

  6. 6

    ユニットバスの設置は管工事じゃない!?建設業許可の業種判断。

  7. 7

    500万円未満でも建設業法違反!?無許可業者が注意する4つのこと

  8. 8

    注文者って誰?元請・下請の違いは?工事経歴書の疑問をピンポイント解説。

  9. 9

    1つの工事に複数の工事種類が含まれる場合の工事経歴書の記載ポイント

  10. 10

    建設業法における解体工事の分類の仕方。必要な許可業種は?

広告

TOP