このブログについて

コラム

当該ブログは、建設業許可を専門とするリンクス行政書士事務所が運営している。
ブログの内容としては、建設業許可及びこれに関する様々な周辺知識に、実務・相談事例をふまえて、より分かりやすく・より詳細に、制度の説明などを多角的に掲載している。
建設業許可でお悩みの方に、疑問点にピンポイントで届くよう、各記事については、内容を細分化して記載することを心がけている。
以下、当ブログが、どのような方に対して有用で、何を目的に掲載しているのかを説明したいと思う。

記事の内容

当ブログの記事については、事務所代表である行政書士が、事務所へ入所する新人の補助者に向けて取りまとめたマニュアルを、再度編成し、より簡潔に理解できるようにしたものが根本となっている。
よって、建設業許可について興味を持った方、行政書士事務所で働き始めた方、会社で建設業許可事務を担当することになった方、業務上建設業許可の知識が必要な方などにより活用いただける内容となっている。

また、当事務所では、もともとQ&Aサイトを運営しているが、その際、建設業者様はもちろん、融資等を扱う金融機関ご担当者様、まったくの他業種から新規参入を検討の方、某役所の入札発注担当者(匿名)様など様々な方からご質問を頂くこととなった。
お客様から頂く質問は、どれも具体的で、かつそれぞれシチュエーションが異なることから、大変興味深いものが多かった。
たくさんの方々から頂いた質問の蓄積は、事例集として大変価値の高いものとなった。

これらを、一度再編集し、より実践に近いものとして記事を作成している。よって、専門書に記載されている一辺倒の解説文より、さらに一歩踏み込んだ解説となっている。

ブログの目的

ブログ記事を読んで頂ければ分かるように、内容にはふんだんに実践知識を盛り込んでいる。
これまでの行政書士は、経験・実践ノウハウを秘匿の武器として業務を受注していた。
逆に言えば、その行政書士がどの程度のノウハウをもっているかは非開示であり、お客様が行政書士を選択するうえで、判断材料として乏しい部分があった。
これからの行政書士として、当事務所では、蓄積したノウハウを積極的に開示したうえで、さらにお客様にメリットを提供することを目的として、選んでいただける行政書士を目指したいと考える。
また、当ブログを通じて、さらにたくさんのお悩みを蓄積すべく、問い合わせフォームを設けている。
これにより、さらに当事務所のノウハウの蓄積を拡大させ、これを記事にすることで、よい循環を形成したいと考える。

>>当サイトのプライバシーポリシーについて

最後に

当ブログを通じて、お悩みが解決できた方。また、さらにお悩みが発生してしまった方については、お気軽にお声がけ、ご相談頂きたい。
リンクス事務所は、常に選ばれる行政書士を目指して、当ブログを通じて、日々研鑽を重ねたいと思う。

建設業許可の専門家
リンクス行政書士事務所

牧野高志

牧野高志

建設業許可を専門とする行政書士。15年以上の実務で得た建設業に関する知識、経験を武器に、難解な問題の対処にあたる。業務においては、何よりお客様の話を聞くことを重視し、最善の対応を常に心がけている。二児の父

特集記事

広告

牧野高志

牧野高志

建設業許可を専門とする行政書士。15年以上の実務で得た建設業に関する知識、経験を武器に、難解な問題の対処にあたる。業務においてはヒアリングを重視する。二児の父

最近の記事

  1. 監査役は、経営経験も積めないし、専任技術者にもなれません。建設業許可と監査役の関係。

  2. 税金滞納。社会保険料未納。雇用保険料未納。建設業許可の更新はできるの?

  3. 資格は無いけど、早く独立して建設業許可を取りたい。10年間のモデルケースを検討。

  4. 附帯工事の自社施工は要注意!専門技術者の配置義務とは。

  5. 前勤務先が手続きしてないので、建設業許可申請が受付けられません。の場合の対応。

  6. 少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

  7. 建設業法における解体工事の分類の仕方。必要な許可業種は?

  8. 建設業許可の実務経験は、印鑑だけじゃない。証明すべき3つの要素と裏付け資料。

  9. 建設会社の定款。許認可にかかる目的事例を紹介。【会社を設立する方必見】

  10. 自分で建設業許可申請をする際に、役立つ実用書はどれなのか。実際に読んでみた書籍を紹介。

ランキング

  1. 1

    【建設業許可】建築一式は1500万円まで?リフォーム工事は大丈夫なのか。

  2. 2

    【建設業許可】請負金額500万円の基準は消費税込?税抜?根拠解説

  3. 3

    「身分証明書」を郵送で取る方法。忙しい人のための7ステップ

  4. 4

    ユニットバスの設置は管工事じゃない!?建設業許可の業種判断。

  5. 5

    500万円未満でも建設業法違反!?無許可業者が注意する4つのこと

  6. 6

    建設業許可の無い営業所では、500万円未満でも契約はNG!?

  7. 7

    少額工事でも請負契約書作成は義務。作ってないのは建設業法違反です。

  8. 8

    注文者って誰?元請・下請の違いは?工事経歴書の疑問をピンポイント解説。

  9. 9

    1つの工事に複数の工事種類が含まれる場合の工事経歴書の記載ポイント

  10. 10

    東京都内の公共入札に参加したい。はじめての入札参加資格取得に必読。

広告

TOP